君への想いを,  次のステップへ,  第6章

次のステップへ②

第6章

次のステップへ②

 

 

 

 

智 「なあ・・ニノ?」

和 「何ですか?」

智 「どうして俺達ってこうなるまでに
こんなに時間掛かっちゃったのかな・・・」

俺は2度目の絶頂を迎えた後
ニノを腕の中に抱いたまま
ふと、そんな疑問を投げ掛けた。

和 「それは、あなたが鈍いからでしょ。」

智 「・・・ってことはさ、お前は昔からおいらとこういう関係に
なりたいって思ってたって事?」

和 「そうかもね。」

智 「何時から?」

和 「そりゃ、若い頃よ。でも途中で違うのかな?って
俺もあなたの態度を見てたら
自分の感情に自信なくなって来たりもしてたしね。」

智 「そうかぁ・・・。もっと早く打ち明ければ良かったのか。おいらバカだなぁ。」

和 「どうだろうね?今だから、お互い大人になったから
かえってスムーズだったと私は思いますけどね・・・」

智 「それで、どうよ?おいら・・・」

和 「えっ(笑)何が?」

智 「んふふっ。だってずっと期待してたでしょ?
実際、おいらはどうよ?」

和 「もぉー。どうしておじさんは変態な質問ばっかするんだよ?」

俺は頬っぺたを両手でギューッと抓られた。

智 「いっ、痛てえよ(笑)」

和 「期待ハズレです(笑)」

智 「嘘ばっか。」

和 「それより、明日休みならさ、早速上に相談してきてよ。
俺も本当なら一緒に行きたいところだけど。
仕事忙しくて無理だから・・・。」

智 「うん・・・まともに聞いてもらえるかな?」

和 「結婚と彼女の条件は俺も付けられても構わないから。」

智 「え?いいの?」

和 「当たり前だろっ。あなた一人の事じゃないんだから。」

智 「ホントに良いの?」

和 「その代わり、絶対そうなると俺達別れるとかも
簡単に出来ないですよ。分かってるとは思うけど。」

智 「だから、お前はそれで本当にいいんだな?」

和 「いいよ。俺はね・・・」

智 「よしっ、その覚悟出来てるなら反対なんてさせない。」

和 「随分、強気ですね(笑)」

智 「明日、お前にももしかすると事務所から呼び出し有るかもな」

和 「どうかな?嬉しい報告だといいけどね。」

智 「大丈夫だよ。心配すんな。」

和 「なんか心配だよ・・・肝心な時にあなたって
言葉足りなさそう(笑)」

智 「俺だってやるときはやるよ?」

和 「フフフッ。うん、意外とそうだよね。」

智 「意外と・・は余計だ(笑)」

俺は再びニノに唇を重ねた。

和 「っん・・・またぁ?」

智 「・・・嫌か?」

いいよってニノが口を薄く開いて俺を誘い込んだ。
俺と二人でこうしてる時にしか・・・
俺にしか見せない色っぽい表情。

俺もこうなるまで気が付かなかった事が実は一杯有る。

そしてまだまだ知らない事も沢山・・・。
一緒に暮らし始めたら
きっともっと俺はニノの事が好きで仕方なくなるかも。

俺は俺で逆にニノから嫌われないように
全力でニノの事を愛して守らなきゃだな。

だけどその前に今は
目の前のニノを満足させることだけに集中する。

和 」っう・・ハァッ・・・んッ・・・りぃ・・だぁ・・・」

殺風景なニノの寝室・・・。
俺達の影が部屋の壁に写って怪しく揺れた。

それは何度と貫いても足りなくて・・・
頭の中が真っ白になる快感を繰り返し味わった。

疲れ果てるまで愛し合った俺達は
朝までピッタリと身を寄せ合って眠った。

そして目が覚めると
やっぱり可愛い寝顔のニノが隣に居る。
なんて幸せなんだろう。
やっぱり、もう離れられないな。

何としてでも今日は上を説得して
一緒に暮らすことを認めてもらう。

ニノが一緒なら、おいらは仕事も頑張れる。
それはきっとニノも同じだよな・・・。

智 『愛してるよ・・・ニノ』

そっと髪を撫でながらそう囁くと
目を瞑ったまま俺の手を握り
また、そのまま子供みたいに眠ってしまうニノ。

この幸せな二人の時間が
どうかいつまでも続きますように。

 

 

 

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。