君への想いを,  次のステップへ,  第6章

次のステップへ③

第6章

次のステップへ③

 

 

 

ニノの仕事の時間に合わせて
俺も一緒に家を出た。

ニノは今日の事が不安で堪らないのか
俺と出発ギリギリまでくっ付いて離れなかった。

俺はマネージャーに連絡して
そこからそのまま事務所へ向かう事にした。

いよいよ俺たちの事を自分の口で説明しなくてはならない。
多分、決していい顔されないのは分かってる。

昔、コンサートでニノとユニット組んでやってた時
あまりにもそのパフォーマンスがふざけてると
煩く叱られた事が有った。
それはファンの前で抱き締めたり
キスしたり、平気でやってた時だ。

だけど、あれはあくまでもパフォーマンス。
今回はリアルに二人が付き合ってる事を
認めてもらわないといけない。

誠心誠意話せば必ず分かってくれる筈。

マネージャーが先に事務所に到着して
玄関で俺を待ってた。

マ 「大野さん、随分また早く結論出されましたね(笑)」

智 「うん、こういう事って先延ばししたところで一緒じゃない?」

マ 「おっしゃる通りです。とにかく、大まかな話は私から説明します。
大野さんは、幹部からの質問にだけ答えれば結構ですから。」

智 「うん分かったよ。それじゃ宜しくね。」

俺はマネージャーと一緒に事務所の奥の会議室に入った。
中にはまだ誰も居なくて、俺は一番手前の椅子に腰掛けた。

10分くらいして
幹部の一人が現れた。
社長は忙しいから当然いきなり訪ねたところで
会えるわけもない・・・。
この幹部はかなり社長からも信用されてる一人で
社長にずっとくっ付いてる秘書的な存在だ。
俺達が個人的に話をする事ってあんまりないかも。
っていうか、出来ればあんまり世話になりたくない。

智 「あ、お疲れ様です・・・。」

幹 「大野さんは今日お休みでした?」

マ 「はい。今日はオフです。」

幹 「それじゃ、要件を聞きましょうか?」

マ 「それでは私から大まかな内容を・・・」

マネージャーは5分間くらい幹部に俺とニノの事を話した。
そして、話し終わると俺の方を見て

マ 「大野さん、そういったところで間違いないですよね?」

智 「うん。間違いないです。」

幹 「それはいつからですか?」

智 「えっ?」

幹 「いつから二人はそういう関係ですか?」

智 「ああ、まだひと月位かな・・」

幹 「ひと月・・・もう少し様子みませんか?」

智 「何で?」

幹 「付き合ったのはいいけど、やっぱり嫌で別れるパターンも
これまで色々見てきましたしね・・・」

智 「俺達は別れないよ。」

幹 「仮に別れたくなった時、どちらかが必ずグループ辞めたくなる。」

智 「だから、俺達は絶対に別れないよ。」

幹 「そうかな。最初は皆そういうふうに思うんですよ。
その自分で言った言葉が自分の首絞めることになる。」

智 「それでも、俺はニノと一緒に暮らしたい。」

幹 「せめて3ヵ月・・・。
いや、半年様子みても遅くは無いでしょ。」

智 「公約として女と付き合うような事も
結婚もこの先しない。それはニノも同じだよ。」

幹 「あなた方ももう子供ではないんだし、社長も反対はされないと
思いますけど。自分の発言には責任を持って頂きますよ。」

智 「も。、勿論それは分かってるよ。」

幹 「そうですか。それでは、社長に私から説明しておきますから
社長の許可が降りるまでは大人しく待機していて下さい。
正式に許可が出たとしてもお二人の事は公には出来ないですから、
多少の条件は有るとおもいますから覚悟しておいて下さいね。」

智 「はい。宜しく頼みます。」

幹 「あくまでも最終決断は社長ですので・・・。」

話は終わって、俺はマネージャーと事務所を後にした。

マ 「大野さん、良かったですね。」

智 「え?まだ完全に許可が出たわけじゃ・・・」

マ 「大丈夫かと思いますよ。」

智 「ホントにぃ?」

マ 「幹部があんなに前向きに話を聞いてくれるなんて
滅多に無いんですよ。お許しが出たのと同じですよ」

智 「いつ連絡有るかな?」

マ 「明日にでも私を通して連絡入る筈です。」

智 「そうか・・・なんか落ち着かねえなぁ。」

マ 「早くニ宮さんにも連絡して差し上げて下さい。」

智 「そうだな。アイツも心配で仕事どころじゃないかもな。」

マ 「あ、多分今回は公約があるからスムーズに話が進む筈なんで、
正式に許可が出たら、恐らくお二人には一筆頂く事に
なると思います。」

智 「なんか面倒だな・・・」

マ 「この仕事なさってたら、それは仕方のない事ですよ。」

智 「は~どうでもいいけどなんか疲れたわ。おいら帰って寝るわ。」

マ 「はい、お送りしますね。」

まだ正式に決まったわけじゃないけど
なんとか難関と思われた事情説明する事は
無事に終えることが出来た。
後は社長の許しが出れば、
直ぐにでもニノと一緒に暮らせるんだ。

俺はニノにメールを入れて
無事に話が終了した事を伝えた。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。