君への想いを,  新たなる出発,  第7章

第7章 新たなる出発①

第7章

新たなる出発①

 

その夜、マネージャーに迎えられて
俺のマンションにニノがやって来た。

和 「リーダーっ・・・」

俺の顔を見るなり走って来て
俺の胸の中にダイブしてくるニノ。
そんなニノを俺も嬉しくてしっかりと抱き留めた。。

智 「マネージャーから聞いた?」

和 「それがね、リーダーから聞けって教えてくれないの。
何が有ったの?また事務所に呼ばれたんでしょう?」

智 「んふふっ・・・」

和 「ねえ、許可は下りたんでしょう?」

智 「ニノ、それがね。社長がさ、お祝いにって
ほらっ・・・」

俺はポケットにしまってた鍵をニノに差し出した。

和 「えっ?何?どういう事?」

智 「二人で暮らす家の鍵くれたんだ」

和 「ええっ?社長が?」

智 「実際社長には会ってないけどね。
今度二人を食事に連れてくって。」

和 「へえ・・なんか、ビックリだな。」

智 「お前も近いうち公約にサインはさせられるとは思う。」

和 「それはそうだろうな。」

智 「色々面倒な事は書いてあったぞ。だけどそれは仕方ないよ。
おいらは社長が分かってくれて、それだけでも嬉しかったな。」

和 「本当だね・・・。
まぁ、俺は初めから反対されるとは思ってなかったけど。」

智 「そうか?俺は不安だったけどな。」

和 「とにかくこれで、ずっと一緒に居られるね・・・」

智 「うん。直ぐに引越しは無理だから、時間出来たら
ちょっとずつ荷物動かそう。」

和 「だけど、俺はマンションあのままにしとくよ。」

智 「何で?」

和 「後輩とか友達がさ、たまに遊びに来てたのよ。
また行ってもイイ?とか言われたら断る理由に困るもの。」

智 「そんなん簡単に呼ぶなよ・・・」

和 「そうもいかないよ。付き合いも仕事なんですから。」

智 「お前いつから付き合い大事にするようになったんだよ?
俺なんか1度も家に呼んでくれたことねえじゃん。」

和 「リーダーと仕事の付き合いは別ですよ。」

智 「そんなの屁理屈じゃん。」

和 「とにかく俺のマンションはおいとく。
どうせ公には出来ないなら二人が住んでる家に
知り合いは呼べないでしょ」

智 「じゃ、おいらも・・・」

和 「あなたはダメだよ。」

智 「なんで?」

和 「ダメなものはダメッ」

智 「ええ?なんでさ?」

和 「あなたは元々Jくらいでしょ?家に上げた人。」

智 「そりゃそうだけど・・・」

和 「だったらもう必要ないでしょ?」

ニノのヤツ・・・
俺が浮気するとでも思ってるんだな。
そんな事するわけないのに。

和 「事務所は公約さえ果たせば問題ないんだよ。
俺達が付き合おうが、どうしようが、
ようは結婚も出来ないの分かってるし、だいいち
どっちかが妊娠する心配もないわけだからね。」

智 「そっか・・・そう言われてみりゃそうだな。」

和 「まぁ、社長公認なんだし、これで気兼ねなく一緒には
暮らせるよね。」

智 「むぅ~それじゃなんだかシャクだなぁ。
よし、ニノ。おいらはお前を妊娠させる・・・」

和 「はぁ?(笑)また何馬鹿なこと言ってるの?」

智 「わかんねえじゃん。いっぱいエッチしたら出来るかもしんないよ?」

和 「フフッ・・・しねえよっ!」

智 「いや、出来るかもしんない。おいら頑張るよ。」

和 「全然頑張らなくていいです(笑)」

智 「明日早いの?」

和 「いや、明日は午後から。」

智 「それじゃ、今夜はお祝いだからちょっとだけ乾杯すっか。」

和 「うん、いいね・・・。その前に・・・」

智 「風呂だろ?溜めてるから早く入れよ。」

和 「うん。大野さん・・・」

智 「その他人行儀な呼び方はもう辞めない?」

和 「それじゃ、さとし・・・」

智 「何?」

和 「一緒に入らないの?///」

智 「勿論入るっ」

やっぱり俺のニノはいちいち可愛い。
もう、真剣に妊娠させたいと思ってしまう俺。
こりゃ完全に病気だな・・・

 

 

 

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。