同棲,  君への想いを,  第8章

同棲⑤

第8章

同棲⑤

 

 

 

和 「びっくりしたぁ・・・知り合いの店って全然知らなくて」

智 「お陰で腹一杯ご馳走になれたけど(笑)」

和 「あなた馬鹿みたいに食ってたけど大丈夫なの?」

智 「さすがに胃袋やばいな。薬飲んで寝るわ・・・」

和 「子供ん時しか会った記憶が無い人とかに声掛けられるのって
マジで怖いよね。えっ?誰ってなるもん」

智 「向こうはテレビで俺達の事ずっと観てるから間違えないけど
俺らは相手が変りすぎてて分かんねえもんな(笑)」

和 「やっぱり外出は控えないと、そのうちバレちゃって
事務所から怒られそうだね・・・」

智 「あのラーメン屋は今後も行けるじゃん(笑)
個室使わせてもらえそうだし・・・」

俺達はそんなこと話しながらマンションに帰った。
ニノは半日以上寝てたから眠くならないんで
ゲームしてるっていうから
俺は仕事も有るので一人で先に寝た。

朝、目が覚めると
いつの間にかニノが隣に寝てた。
俺の手を握ってる。
可愛いな・・・。
多分遅くまでゲームしてたんだろうな。

ちょっと名残り惜しいけど
俺はニノを起こさないように
そっとベッドを出ると
そのまま仕事に出掛けた。

今日は単独のCMの撮影で
内容は簡単なものだったので
意外とスムーズに撮影は終了した。

この後、ニノと社長がプレゼントと言って
俺達二人に準備してくれた家を見に行くんだ。

なんかちょっと期待に胸がワクワクした。

送迎の車で俺のマンションにニノを迎えに行き
ニノは車の中で俺の仕事が終わるのを待っていた。

智 「お待たせ~。」

車に乗り込んだら、ニノがヘッドホン着けて
新曲のデモテープか何かを聞いてた。

和 「あっ、お疲れ様」

智 「新曲かぁ・・・」

和 「リーダーのドラマの主題歌じゃないの?」

ぶっきらぼうにそう言った。
まだ拗ねてるのかよ。

マ 「それじゃ、早速新居の方に向かいますね・・・」

車で20分くらいの所にあるらしい。
俺達の仕事の送迎の事も考えてくれてるのか
結構遠くない場所にその家はあるみたい。

マ 「着きましたよ。こちらです。」

そこは住宅密集地の一番奥にある
めちゃめちゃ広い敷地の一軒家。

智 「うわっ・・・すげえっ」

和 「凄いなっ・・・」

マ 「中に入りましょうか・・・」

敷地は広いけど
家は普通の二階建て。
庭がとにかく広くて外壁が高いから
外から覗かれたりする心配が無い。

外装はかなり築年数は経ってる中古のようだけど
中に入ってみるとリフォームされてて
とにかく新築並みに綺麗。

智 「こんな広い家、どうして俺達なんかに・・」

マ 「社長がご自分用に以前建てた家だと聞いてますが」

和 「そうなんだ。でも本当に俺達が住んでいいのかな?」

智 「そりゃいいから鍵くれたんだろ」

マ 「ひととおりご覧になられて下さい。
私は車でお待ちしてますので。」

智 「うん、ありがと」

俺とニノは1階の居間からキッチン、風呂場を見て廻る。

和 「リーダー、風呂場広いよっ!」

はしゃいだ声でニノが俺を呼んだ。

智 「んふふふっ・・・」

和 「なっ、なんだよっ」

智 「だって、ニノが一番拘ってたから(笑)」

和 「勘違いするなよ。風呂場が狭いと疲れが取れないからだよ。」

智 「一緒にゆっくり入れないもんな」

和 「そんな意味で言ってないし。」

智 「はいはい、2階も見に行こうよ。」

2階にはゲストルームと合わせて3部屋有った。
俺達の寝室になる部屋はホテルの
スイートルームみたいに広くて、ベランダも広い。

和 「ちょっとレトロなのも逆にいいね。俺は気に入った。」

智 「うん。おいらも」

和 「二人が住むにはちょっと広すぎる感じは有るけどね。」

智 「これだけ広いとさ、ニノの声が外に漏れる心配ないな(笑)」

和 「あなたさっきから何言ってんだよっ。」

智 「だってそれ重要じゃん。」

和 「それよりいつ引っ越すの?」

智 「次の休みでも引っ越すかな。」

和 「いきなり?俺何も準備してないよ」

智 「ニノはそんなに荷物運ばないんだろ?」

和 「そうは言っても、ここがメインになるわけだから。」

智 「隣の部屋、とりあえず使わないよね?」

和 「物置部屋かな・・・」

智 「おいらのアトリエ部屋にしていい?」

和 「あっ、そうか。そうだよね。」

智 「ひと部屋はどうしてもそうしたいんだ。」

和 「いいよ。そうしなよ。」

智 「それにしても寝室広いよな・・・。ダブルベッド買うか?」

和 「買って下さい!社長(笑)」

智 「買うからおもっきりサービスしろよな。」

俺達は顔を見合わせて大笑いした。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。