仕事と家庭の両立,  君への想いを,  第9章

仕事と家庭の両立⑧

第9章

仕事と家庭の両立⑧

 

 

和 『ただいまぁ・・・』

智 『お帰り。早かったな。』

和 『あなた一人じゃ大変かなって思ってさ。』

智 『もう、クタクタだよ・・・』

和 『だけど随分片付いてるじゃない?』

智 『まだ物置の部屋に荷解きしてないダンボール山ほどあるよ。』

和 『それは少しずつやるといいんじゃない?』

智 『うん、そのつもり。』

和 『とりあえず、頻繁に使うものだけ荷解きしておくといいよ。』

智 『お前はいつ荷物運ぶ?』

和 『俺のはちょっとずつ運ぶよ。人に触られたくないしね。』

智 『エッチなDVDとかいっぱいあんだろ(笑)』

和 『お前と一緒にすんなよっ。』

智 『フフッ・・・晩飯は?』

和 『食べてきた。あなたは?』

智 『出前・・・』

和 『引越しって蕎麦食べるんじゃなかったっけ?』

智 『いや、宅配の寿司頼んだ。』

和 『贅沢ですね(笑)ビール冷えてる?』

智 『うん。あ・・・俺も取って・・・』

和 『家電もテーブルや椅子もリーダーの所から持ってきた
ヤツだから新居な感じがしないね。』

冷蔵庫からビールを取り出しながら
ニノが俺にそう言った。

智 『新しいの買う?』

和 『いいよ。まだ壊れたわけじゃないのに。』

相変わらず財布の紐は硬いな。上等な嫁だ。

和 『はい、ビール。かんぱーい』

智 『あっ、ニノ・・・』

和 『何?』

智 『今度のお前が休みの時、うちの実家行くぞ。』

和 『えっ?なんで?』

智 『身内には知らせないと駄目だろ?お前んちも今度挨拶行くぞ。』

和 『うちはいいよ。』

智 『いいわけないだろっ。ちゃんと連絡しとけよ。』

和 『もお・・・面倒なの苦手なんだけど。』

智 『こういうの面倒がってどうすんだよ。』

和 『はいはい。分かりました。しときます。』

智 『おいら、ニノんちの母ちゃんに叱られるかな?』

和 『何でさ?』

智 『大事な息子を、俺なんかに・・・』

和 『お互い様じゃん(笑)』

智 『やっぱり、後継ぎ欲しいだろうしな。』

和 『元々俺の代で二宮家は終わらせるつもりだったし(笑)』

智 『それはニノが言ってるだけだろう?』

和 『うん(笑)だけど、親もあてにはしてないよ。』

智 『やっぱり子供作ろうかなぁ。』

和 『だから、やめろよ。無理だって(笑)』

智 『わかんねえじゃん。』

和 『分かんないの?あなたもホントに馬鹿ですね。』

俺は飲んでた缶ビールをテーブルに置いて
横に座ってるニノを思いっきり抱き締めた。

智 『おいら、本気でニノとの子供欲しいや・・・』

和 『ん・・・天と地がひっくり返っても無理だね。』

智 『無理かなぁ・・・』

和 『無理です・・・』

フフって片方の口角を上げて笑うニノが
ちょっぴり俺には悲しそうな顔に見えた。

智 『おいら無理でもいいや。ニノとずっと一緒に居れたら。
それだけで十分だよ。』

ニノの丸っこい柔らかい手を握って
そっと唇を重ねた。

和 『ん・・・ちょっとここ広すぎて夜一人になると寂しいかもね。』

智 『うん、でもお前関係ないじゃん。どうせゲームしかしないだろ?』

和 『まあね(笑)』

智 『さぁ、引越し初の風呂にでも入るか?』

和 『もう入れるの?』

智 『バッチリだよ。寝室も見てきなよ。なかなかいい感じだから。』

和 『へえ・・・本当?ちょっと見てくるね。』

ニノが立ち上がって一人で二階へ駆け上がって行った。

和 『うわぁ・・・すげえ。』

下のリビングの俺に聞こえるくらい大きな声で
ニノが叫んでる。

ダブルベッドに新品の布団とカーテン。
俺の拘りで選んだから
ちょっとしたリゾートホテル風に仕上がってる。
なかなか降りて来ないから
俺も気になって二階へ上がった。

部屋を覗いたらニノがダブルベッドに大の字で寝転んでた。

智 『んふふっ。どうよ?』

和 『リーダーって私服とかダサイけど、さすがに絵とか描くから
基本センスはいいんだな(笑)』

智 『私服がダサイってのは余計だよ。お前も一緒じゃん(笑)』

俺もニノの隣に寝転んでそう言った。

和 『今日は疲れてるんだよね?だったらここででするの初めてだけど
今夜はお預けだね(笑)』

高い声で笑った後
ゆっくり俺に顔を近付けて
じっと俺の目を見つめた。
なんかその顔がやたら色っぽく
俺の事煽ってるように見えて
ちょっとドキッとしてしまった。

だけど悪戯っ子みたいに
その後すぐ俺の鼻をむぎゅって摘んで
ケラケラ笑うニノの腰に両腕を回して

智 『おいら、疲れててもお前の事見てたら元気になるよ。』

俺はニノの左手を捕まえて
元気になったもう一人の自分を教えると
『ほらねっ』って言って
ニノの薄い上唇に自分の唇を重ねた。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。