仕事と家庭の両立,  君への想いを,  第9章

第9章 家庭と仕事との両立①

第9章

家庭と仕事との両立①

 

 

マ 『いかがでした?物件は気に入られましたか?』

智 『うん、めっちゃ広くて二人には勿体無いくらいだった。』

マ 『良かったですね。ところで引越しは何時にされますか?』

智 『次の休みっておいら来週の月曜日か・・・』

マ 『はい。そうですね。』

智 『月曜日にとりあえず業者に頼んで荷物運んでもらうよ』

マ 『そうですか。分かりました。何かお手伝いすることがあったら
気兼ねなくおっしゃってください。』

和 『俺は自分で少しずつ荷物は運ぶ。』

智 『そうだな。お前はマンション完全に引っ越すわけじゃないからな。』

和 『なんか言い方に棘がありますね・・・』

智 『だってそうじゃんか!』

マ 『まぁ、お二人とも事情は有るでしょうから。そこは話し合っては
どうですか?』

和 『そうだよっ。こっちにだって事情があんだよ!』

智 『そんなの屁理屈じゃん。』

和 『はぁ?そもそも付き合いの無い奴に言われたくないね。』

マ 『まぁまぁ・・・続きはどうぞお家で(笑)
それじゃ、明日はお二人同じ現場なんでまた午前中お迎えに来ます。』

智 『うん。お疲れ様でした。』

和 『ありがとう、お疲れでした。』

俺達は車を降りてマンションに戻った。

和 『マネージャーが呆れてたじゃない。喧嘩するから。』

智 『あれは喧嘩じゃねえし。』

和 『そうだね。あれは智の我儘だよね。』

智 『ニノが我儘なんだよ。』

和 『もういいよ。俺もマンション引き払えばいいんでしょう?』

智 『だって、そのままにしておく理由がおかしいよ。』

和 『仕事の付き合い?』

智 『そんなの断れない事もないじゃん。』

和 『急に二宮が付き合い悪くなったって、業界から噂されても知らないから。
たんなるヤキモチでしょ(笑)』

智 『俺達、結婚するのと変らないんだぞ。』

和 『そんなの俺だって分かってますよ。だから引き払うって言ってるじゃん。』

智 『もっと納得した言い方出来ないの?』

和 『あなた、何時からそんな面倒くさい男になったんですか?』

あ・・・、確かに。
ニノが言うとおり、今の俺は相当面倒くさいヤツかもだな。

智 『なんだろな・・・』

和 『今度はへこむのかよ(笑)』

智 『だって、自分でもビックリなんだよ。
俺って昔はこんなんじゃなかったもん。』

ニノと想いが通じて
一緒に暮らせるようになってから
以前よりも、その独占欲みたいなのが強くなってるのが分かるんだ。
それだけ俺が惚れちゃってる証拠なんだろうけど。

智 『おいらの事、好きか?』

和 『もう~おかしいよ。どうしたの?』

智 『だって、おいらニノが好きで仕方ないんだよ・・・』

そう言ったらソファーに座ってる俺の横に腰掛けて
俺の膝の上に手を置いて俺の顔を覗き込み

和 『俺だって・・・好きに決まってるでしょ。』

って、栗色の瞳がキラキラと輝き俺を見つめた。
ニノの左手がそっと俺の頬に触れて
どんどんその可愛い顔が近付いて柔らかい唇が俺に触れる。
堪んなく愛おしさが込み上げて胸の奥をキュンと締め付けた。

智 『俺、ニノの為ならなんだってするから・・・
だから、俺のこと嫌いにだけはならないでよ?』

俺は真剣な眼差しでニノを見つめながら
ゆっくりと彼をソファーに押し倒して唇を重ねた。
愛し合ってる時は完全に身を委ねてくれるし、
流れとして主導権は俺にあるんだけど
普段の生活の上でニノは俺とは対等で有りたいと思ってる。

それは分かるよ。
だってこう見えてニノも男なんだから。
だけど何なんだろう?
常に彼を守ってやらなきゃって
俺は俺で物凄く恋人としての責任感みたいなものを感じてる。

だから、きっと快感に溺れてるというよりも
彼の事を自分の力で抑制していられる事への満足感に浸れるから
常に身体を求めてしまうというのが本音なのかもしんない。

和 『んっ・・・んはっ・・・んんんっ・・・』

指と指が絡まって
甘くて濃厚な長いキスを繰り返すと
次第に身体が疼きだして
俺の下でどんどん乱れ始めるニノの全部が欲しくなるって
衣服の上から彼の大事なところを指先で確かめる様に撫でた。

和 『んんっ・・・さと・・・し・・・』

ニノも完全にその気になって
全力で俺を受け入れる臨戦態勢が整ってる。
でもここは焦らすという作戦に切り替える。

心配しなくてもいっぱい感じさせてあげるよ。
俺から離れなくなっちゃうくらいに
俺の事、もっと好きになって貰う為に
120%の愛情でイカせてあげるよ。

 

 

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。