君への想いを,  心の扉開くとき,  第2章

心の扉開くとき④

第二章

心の扉開くとき④

 

 

 

マ 「おはようございます。ニ宮さん、珍しいですね。
大野さんちにお泊りなんて。」

和 「うん、夕べ二人で飲みに行って遅くなっちゃったからね。
帰るの面倒だから泊めてもらったの。」

マ 「こちらとしては助かりますけど。」

和 「そうだよね。現場が同じなんだから。今度から俺、
リーダーと仕事が一緒な時は毎回泊めて貰おうかな~(笑)」

智 「・・・」

マ 「大野さん?何処か具合でも悪いですか?」

和 「大丈夫じゃない?多分ただの二日酔いだと思うけど。」

俺はマネージャーからペットボトルの水を手渡されて
それを一気飲みした。
それにしても頭痛てえし・・・。

ニノだって夕べ相当酔ってた筈なのに
なんで平気な顔してんだよ?
それより、今朝のあれってなんなの?
朝からキスで起こされるなんて・・・
完全に女子がすることだろ?

和 「なんて顔してるの?お願いだから仕事中に
そんな顔しないで下さいよ。」

智 「分かってるよ・・・」

ニノは夕べの事も、今朝の事も全く何も無かったように
当たり前にゲームを取り出してそれを弄りながら
時々マネージャーと話しをしてる。
やっぱり、ニノって何を考えてるのか良く分からない。
きっと、俺の事おちょくって楽しんでるだけだよな。

ハァッ・・・と小さく溜息が出る。
そしてそんな俺を横目に見ながら
口元を手で覆ってクスクス笑うニノ。

人の気も知らないで・・・。

テレビ局の入り口で降ろされた俺達は
関係者通用口から中に入り
エレベーターに乗り込んだ。

和 「大丈夫?二日酔い・・・」

智 「ああ・・・なんとか。」

和 「昨日の事、話合わせとこうか?」

智 「え・・・あ、そうだな。」

和 「じゃ~俺と1時間位飲んだ後は
それぞれ帰ったってことにしとく?」

智 「うん・・・」

和 「あ、それから・・・Jにどういうつもりか聞いとく?」

智 「あっ、いや・・・それはもういいよ。」

和 「え?何で?」

智 「・・・」

和 「聞かないでも大野さんは分かってるって事?」

智 「いや、多分面白がってるだけだよ。」

和 「面白がる?何を?」

智 「・・・」

言える訳ねえじゃん・・・。
松潤はお膳立てしてくれた、だなんて。
俺が俯いて何も言わないから、またニノが勘付いたのか
クスクスと笑い出す。

和 「あのさぁ・・・」

智 「何だよ」

和 「まさか、昨日自分で行った事忘れてないですよね?」

智 「えっ?何を・・・」

和 「忘れたの?」

智 「だから何をさ?」

和 「覚えてないんだったら、もういいですよ!」

それからニノは超不機嫌になった。
控え室に入って衣装に着替えて椅子に腰掛けて
他のメンバーの到着を待つんだけど
俺は台本、ニノはゲーム。
お互い一切何も喋らない。
部屋の中がシーンと静まり返る。
何でそんなに怒ってるの?
昨日、俺なんか言ったか?

雅 「おっはよー。あれれ?お二人さん早いね。」

和 「相葉さん、ごめん。約束してた漫画持ってくるの忘れちゃった。」

雅 「ええ?楽しみにしてたのになぁ」

それから翔君、松潤と次々に楽屋入りする。

翔 「おはよう。大野さん顔色悪いけど大丈夫?」

潤 「ホントだ。どうかしたの?」

和 「ただの二日酔いですよっ」

潤 「はーん。で?どうだった?俺からのサプライズプレゼントは。」

智 「今その話は・・・」

和 「いいじゃん。正直にちゃんとご報告したら?」

さっきエレベーターで何の為に話合わせたんだよ?
これじゃ、話が全然違うじゃねえか。
っていうか、どうしてニノはそんなに機嫌悪いんだよ?
俺、何にもしてねえし。

潤 「報告してくれるような事があったの?」

松潤は大きな瞳をくりくりに輝かせて
身を乗り出して俺の顔を覗き込んだ。
ちょっと、もう頼むから勘弁してくれよ・・・。

 

 

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。