恋愛小説,  黄色い泪

黄色い泪⑤

Pocket

恋愛小説

黄色い泪⑤

 

 

そして、ようやくギブスが取れる日がやってきて、俺はその日病院を訪れていた。

「二宮さーん、どうぞ。」

「あ、はい・・・」

ギブスを取ってレントゲン写真とCTを撮ってその様子を主治医がPCを観ながら説明した。

「二宮くん、もう普通に歩くことは問題ないと思います。」

「リハビリはどのくらい掛かりますか?」

「まあ、多少筋肉が衰えてますからね。暫くは歩行も違和感を覚えるかも知れませんが、次第にそれも元に戻りますよ。」

「良かった。それで、先生?俺、いつ頃から野球戻れます?」

「あ、野球は・・・ちょっと無理かな・・・」

「えっ?」

「君、野球部でしたよね?」

「は、はい。」

「いや、普通に草野球程度ならね・・・問題ないと思うけど、頑張って全力で走っても、多分怪我する前のようには走れないかと・・・」

「な、何で?」

「君の怪我は複雑骨折に加えて筋も痛めてるからね・・・可哀想だけど、無理して復帰してもまた痛めてしまう可能性の方が高い。」

「そ、そんな・・・リハビリしても駄目だってことですか?」

「まあ、私生活に影響は出ない程度には回復はしますよ。ただ、スポーツはねぇ・・・」

「そっか・・・」

「えっ?」

「それじゃ先生、今直ぐ診断書書いて下さいよ!」

「そ、それは構わないけど・・・」

「野球部に退部の申し出しないといけないから。」

「あ、ああ・・・そうか。分かりました。いいですよ。」

意外とサラリと俺がそんなことを言うもんだから、ちょっと先生はビックリしていた。

そりゃあ、甲子園目指して、プロ野球まで目指してたんだから、そっか・・・のひと言であっさり諦めるなんて驚きでしかないんだろうな。

だけど、俺は落ち込んでる暇なんかない。

それならそれで好都合だと思った。このまま野球部を辞めれば演劇部に移籍できるんだもの。善は急げって言うしね。

俺は先生から診断書を受け取ると、そのまま急いで学校へ向かった。

午後から休んで病院へ来てたから、学校は授業が丁度終わって部活が始まろうとしてる時間帯だった。俺は直接顧問の先生に診断書を渡しに職員室へ行った。

「失礼します。」

「おっ、二宮?ギブス取れたのか?」

「はい・・・でも医者から野球の復帰は無理だって言われました。」

「本当か?」

「あ、これは診断書です。それから今日付けで野球部は辞めるんで。色々ご迷惑をお掛けしました。」

「そうか・・・残念だな。お前なら甲子園まで目指せたのにな。」

「仕方ないです。こればっかりは、転倒しちゃった俺も悪いんだから。」

「まぁ、気を落とさずに頑張れよ。」

「はい。有難うございます。それじゃ、僕はこれで・・・」

なんだかあっさりしたもんだ。使い物にならないと分かれば俺なんかに用は無いんだから、考えても仕方ないけどね。

そして俺はそのまんま演劇部の部室に向かった。稽古してる真っ最中かな?

静かに邪魔しないように扉を開くと、何やら中で揉めてる様子だった。

「大野、もういい加減にしてくれよ?櫻井の代わりいい加減決めないとヤバいんだってば。」

「だからって、適当に代役当てがわれてもさ・・・」

「もう3人目だぞ?オーディションすんの。一体何が気に入らないんだよ?」

どうやら櫻井さんの代役決めで揉めてるらしい。

「あっ、ニノ?ギブス取れたんだ?」

「潤くん・・・何かあったの?」

「櫻井先輩の代役がまだ決まらないものだから3年が荒れてるんだよ。」

潤くんが俺に小声で説明してくれた。

「俺、野球部辞めてきた。」

「えっ?それ本当なの?」

「うん。医者からダメ出し食らったんだ。全速力で走ったり踏ん張ったりは無理だって。」

「そうか・・・」

「だから、俺演劇部に入部するよ。」

「マジで?それじゃ、部長に早速言って来なよ。」

「ええっ?このタイミングで?」

「今がチャンスだよ。いいから、早く!」

「う、うん・・・」

俺は潤くんから背中を押されて部長の傍に近付いた。

「ん?何?どうした?」

「あ、あのー俺、演劇部に入部させて貰いたいんですけど・・・」

「ええっ?でも君、野球部だったよね?」

「あ、もう野球は怪我で引退したんで・・・」

「そうなの?」

「あ・・・だったら、翔ちゃんの代役はこの子がいいな。」

「えっ・・・」

「お、大野?無茶だよ。二宮は素人だよ。」

「でも、こないだの通し稽古、凄く上手だったじゃん。彼にしようよ。」

「た、確かに通し稽古はなかなか良かったな・・・」

「じゃ、決まりね。宜しくね・・・」

「は、はいっ。俺、一生懸命、頑張ります!」

やった!何でか分かんないけど一発合格だ。俺は嬉しくて潤くんを振り返ったら、潤くんは親指立てて喜んでくれた。

 

 

 

 

つづく

 

 

Follow me!

蒼ミモザ

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。