ラブソングは君と,  第1章

第1章  君との再会①

Pocket

第1章

君との再会①

 

 

10月の秋晴れ爽やかなこの日、俺は学生時代の友人の結婚式に呼ばれて披露宴に出席してた。

新郎新婦は幼少の頃からの幼馴染みだったらしい。

勿論、ずっと付き合ってた訳じゃなくて、色々な事を乗り越えてのゴールインらしい。

俺も、もう32歳。周りの同級生が結婚したり、子供が出来たり、祝い事が何かと多くなってきた。

「大野さんはまだ予定は無いの?」

俺に話し掛けてきたのは、翔君といって、彼も学生時代からの親友だ。

「え?おいら?無い無い。」

「何でよ?彼女くらい居るでしょ?」

「大体さぁ、おいら一人暮らし始めたの最近だよ。居るわけないじゃん。」

「だったらこれからだね。ワクワクするでしょ?」

「しねえよ。べつに・・・」

「あ、仕事、独立したってホント?」

「あ、うん。独立ってほど大したことじゃないけどね。」

「自宅兼職場にしてるの?」

「そうそう。仕事と言ってもイラスト描くだけだし、机一つありゃ出来るからね。」

「そっかぁ。通勤しないで良いって魅力だよなぁ。今度お邪魔してもいい?」

「ああ、何時でも遊びに来てよ。狭いけど。」

「場所、教えてよ。」

「来るとき連絡くれたら最寄りの駅まで迎えに行くよ。」

「あ、そうそう、中学の同級だった、陸上部の宮本、覚えてる?」

「えっ?あ、あのモテモテ美少女だった宮本?」

「そう、その宮本。あいつも来春結婚決まったってさ。しかも相手は年下だって。」

「ま、マジかぁ・・・」

「あれだけモテてたのに、意外と結婚は遅かったよなぁ。年下狙ってたのかなぁ。」

「んふふっ。そうかもね。そういう翔君は?予定とか無いの?」

「俺?俺もタイミング逃したっていうかさぁ。もう最近じゃ出会いもないから半分諦めてる。」

「婚活とかすりゃいいのに。」

「大野さん、それじゃ一緒に婚活します?」

「ええっ?おいらはいいよ。そういうの苦手だもん。」

「はははっ。俺もどちらかといえば苦手だよ。っていうか、運命の赤い糸ってのを俺は信じてる。お相手は必ずいるんだよね。目の前に現れるの待つのみだよ。焦ったところでこればかりはどうにもならないし。それが運命ってもんだしね。」

「赤い糸ねぇ・・・」

「大野さんにだって赤い糸あるんだよ。その先に繋がってる人が運命の人だよ。」

「じゃ、おいらも焦んない。」

「だけど、男の一人暮らしは慣れないと大変でしょ?」

「そうでもないよ。ちゃんと自炊も出来るし。」

「へえ。それは意外だな。」

「家事労働が大変だから嫁さん探すのって、時代遅れでしょ。」

「でも、それって嫁さん見つからない言い訳にも聞こえるよ。」

翔君は昔からイケメンで、とっくに嫁さん居てもおかしくないんだけど、色々と彼には拘りがあるみたい。

「大野さん、ところで二次会は?顔出すでしょ?」

「いや、納期が迫ってる仕事が溜まってるから、今日は残念だけど二次会は断ってるの。」

「何だぁ。そうか・・・」

「ゴメンね。それよりホント、近いうちに遊びに来てよ。待ってるから。」

「うん、是非そうさせてもらうよ。」

披露宴が終わると、俺は引き出物の袋を提げてホテルの披露宴会場を出た。

そして仲間に別れを告げて自分だけ足早に駅方向へと向かった。

 

 

 

つづく

 

 

Follow me!

蒼ミモザ

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。