この指とまれ

この指とまれ 20

Pocket

この指とまれ

第20話

 

 

「ちょっ、ちょっと///昼間から何言い出すのかと思ったら・・・」
「ええ?だって大野さんがどうしても知りたいって言うから。じゃあ、夜なら良いんですか?」
「そ、そういう問題じゃないだろ。」
「そんな、興奮しないで下さいよ。」
「こ、興奮なんてしてないし。」
「何?大野さん、どうかしたんですか?顔が真っ赤だけど。」

ちょっと確かにニノの言葉に興奮気味に話し過ぎたのか
風磨が心配して俺達の所にやって来てそう言った。

「えっ・・・何でもないよ。」
「これはこれは・・・主役が現れましたね。」
「ニノッ!」
「主役?何の話ですか?」
「ほ、本当に何でもないんだ。」

ニノがそんな俺の慌てっぷりを見て更に両手で顔を隠すようにして
クスクスと笑い出す。

「あ、そうだ。大野さん?」
「な、何?」
「次の日曜って何か予定有ります?」
「え?なんで?」
「一緒に釣りなんてどうかなぁと思って。」
「つ、釣りか・・・」
「大野さんも最近行けてないでしょ?」
「う、うん・・・確かに。」
「それじゃ、是非一緒に行きましょうよ。俺が車出しますから。」
「いや、それが・・・」
「菊池君、ざんねーん。次の日曜日は大野さん、俺とデートなんだよ。
ねっ?おーのさん?」
「ホントですか?大野さん?」
「違う、違う!今度の日曜はイベントの応援なんだ。」
「あっ、なーんだ。仕事かぁ・・・」
「そう、仕事だよ。」
「それじゃ、次の休みはどうですか?」
「つ、次?次はえーっと・・・何か予定が入ってたような・・・」
「そうなんだ・・・」
「あ、まだ、その何て言うか、ハッキリとは分かんなくてさ。
予定確認しとくわ。」
「本当ですか?分かりました!俺は予定空けて待ってますね。」
「いや・・・わざわざ空けてくれなくても・・・」
「お返事待ってます。それじゃ・・・」

まだ行くって返事をしたわけでもないのに、風磨は上機嫌で自分のデスクに戻って行った。
参ったなって頭を掻いてる俺に、ニノはニヤニヤしながら俺の顔を覗き込んで

「行くんですか?デート。」
「そ、そんなんじゃねえし。」
「だって今のはれっきとしたデートのお誘いじゃないですか。」
「ただの釣りの誘いだって。ってかさ、どうしてあんな嘘ついた?」
「ええっ?」
「次の日曜は仕事なのに・・・デートだなんて・・・」
「デートじゃ駄目でした?」
「あ、当たり前に決まってるじゃん。誤解されたらどうすんの?」
「フフフッ、面白いじゃないですか。」
「面白がってるの?」
「あなた、やっぱり菊池君のこと気になってます?」
「んなわけないじゃん。」
「でしょ?だったらいいじゃないですか。
そもそもあなたに恋人の一人も居ないのが悪いんです。」
「そんなの大きなお世話じゃん。」
「あいつ、俺の事勝手に恋敵みたいに思ってるんで
あなたが本当に菊池君のこと困ってるのなら協力してあげてもいいですよ。」
「協力?」
「ええ。」

ニノは風磨の座ってる方に視線をやると不敵な笑みを浮かべた。

「そのくらいハッキリさせないと、ああいったタイプは諦めが悪いんです。」

言ってる意味が分からない。
ニノは風磨に対して一体何を企んでいるのか?
協力って、どんな事をするつもりなんだ?

「大野さん、今日も帰り送って行きますよ。」
「えっ・・・あ、うん。」
「作戦はその時に練りましょう。」
「さ、作戦?」
「そう、作戦です。」

恐らく風磨を諦めさす為の作戦を考えようとしてくれてるのだろう。
でも・・・嘘とか芝居って俺はとにかく苦手なんだ。
そんなことしたって直ぐに見破られちまうの目に見えてる。
だけどさっきのニノの話を聞いて、風磨に期待されるようなことがあるのは
もっと困るし・・・
こういう話は他でもやたらと相談出来ないしな。
とりあえず、協力してくれると言ってるし
ニノの話も一度聞いてみるというのも有りかも知れない。

 

 

つづく

Follow me!

蒼ミモザ

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。