ラブソングは君と,  第4章

急展開⑨

Pocket

第4章

急展開⑨

 

「チビっていうのか?デカいチビくんだなぁ。どうぞ、とにかく一緒でも何でも構わないから上がって。」

「それじゃ、ちょっとだけお邪魔しまーす。あ、これは頂き物なんだけど、良かったら食べて下さい。」

「わ、ここのケーキ並ばないと買えないんだよね。いいの?」

「頂き物なんだけど、僕一人でそんなに食べれないし。よかったらどうぞ。」

「奈緒ちゃーん、ケーキを頂いたよ。一緒に食べようよ。」

「ええっ?私も良いんですか?」

「宜しければどうぞ。」

「あの、相葉先生ですよね?小説家の・・・」

「えっ、あ、そんな感じですけど。」

「私、先生の小説何冊か持ってます。もう、どのジャンルも大好きなんです。」

「あははっ、ありがとうございます。なんか照れくさいな。」

「奈緒ちゃんも座りなよ。」

「あ、申し遅れました。私は大野先生のアシスタントの奈緒です。」

「すみませんね。お仕事中に勝手にお邪魔したりして。」

「きゃぁ、可愛い!この子、相葉先生のワンちゃんですか?」

「うん。チビっていうの。宜しくね。」

「相葉君は何時もチビちゃんと行動は一緒なの?」

「いや、今日は予防接種に来たんですよ。たまたま掛かり付けの獣医がこの近所なんで。」

「そっかぁ。」

「ところで、大野さんって独身でしたよね?」

「えっ?う、うん。そうだけど。」

「いや、ほら左手の薬指に・・・」

「あっ、ああ、これか。」

「いやだっ!気付かなかった。先生何時からそれを?」

「最近買ったんだよ。ニノとペアで。」

「彼女さん、居るんですね?」

「彼女ならイイですけどね。」

「奈緒ちゃん。」

「だって、そうじゃないですか。男性と恋愛して指輪までお揃いで買ったりして。気持わるっ。」

「お、大野さん、男性とお付き合いしてるんですか?」

「あっ、その・・・なんていうか、つまり、そうなんだよね。」

「えええっ?そうだったんだ。」

相葉君は目を丸くして驚いてた。

「今度ゆっくりお話し聞かせてくださいよ。」

「ええっ?お話って・・・」

「僕、同性愛ものの恋愛小説も書いてるってお話しましたよね。」

「あ、いや、そんな・・・お話出来る様な事は何も。」

「そうだ。今度もし良かったら、うちの庭でバーベキューしませんか?松本君も呼んで。それから大野さんのお相手も是非。」

「うわぁ。楽しそう。いいなぁ・・・」

「良かったら奈緒さんもどうですか?」

「あ、あたしはご遠慮しときます。だって、二宮さんも呼ばれるんでしょ?私、先生のプライベートに首は突っ込まないと約束したところだし。」

「いいじゃん。相葉君が誘ってくれてるんだから、来れば?」

「結構です。先生が良いと言われても、二宮さんがきっと嫌がりますよ。」

「ご、ゴメンね、相葉君。内輪の分かんない話しちゃって。」

「い、いえ。なんか複雑みたいですね・・・何も知らなくて。こっちこそすみません。」

「でも、バーベキューは是非お邪魔させて貰うよ。連れにも話しときます。」

「ええ。是非僕も一度どんな方かお会いしてみたいんで。」

それから1時間くらい、仕事の話とかしてて、途中で仕事の電話が入ったみたいで、相葉君は慌てて自宅へ戻ってしまった。

 

そして、夕方6時過ぎに奈緒ちゃんと入れ替わりでニノが箱根から戻って来た。

「ただいまぁ。」

「あ、ニノ、お帰り。」

「疲れちゃったよぉ。往復で半日も運転だもの。」

「泊ればよかったのに。」

「ええ?嫌だよ。」

「とにかくおいらが夕飯の準備すっから、ニノは先に風呂にでも入りなよ。」

「あ、夕飯は母さんがまた何かくれたよ。今夜はこれ食べろって。」

ニノが風呂敷包みの重箱抱えて俺にハイって手渡した。

「マジか。おばさん、こんなに気を使わなくてもいいのにな。」

「あなたまで二宮家の後継話に巻き込もうとしてるんだから、信じられないよ。」

「あ・・・その話か。あれって本気で言ってたのかな?」

「本気に決まってるでしょ。」

「そっかぁ・・・本気なのか。」

「そっかぁ、じゃないでしょ?まぁ、あんなのスルーでいいからね。」

「そうもいかないだろ?」

「え?まさか真に受けてるの?」

「そ、そりゃあ今直ぐというわけにはいかないけど、ニノと一緒になるんだったら、そのくらいの覚悟はおいらにも有るよ。」

ニノは今の俺の発言が意外だったのか、一瞬だけどとても困惑した表情を見せた。

 

 

 

Follow me!

蒼ミモザ

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。