ラブソングは君と,  最終章

ラブソングは君と⑫

最終話

ラブソングは君と⑫

 

 

「大野さんも来てたんだ?」

「あっ、相葉くん・・・」

「ここ隣、良いですか?」

「おいら、もう帰るとこなんだけど・・・」

「まぁまぁ、一杯くらい付き合って下さいよ。」

「う、うん・・・」

「それじゃ、僕はビール、大野さんはロックですよね?」

「か、かしこまりました・・・」

マスターがちょっと下を俯いて、何か言いたそうに笑った。

「相葉くん、知ってた?」

「え?何を?」

「ニノがさ、今日グアムに行っちゃったことだよ。知ってたんでしょ?本当は・・・」

「あー、確かに聞いてはいましたけど、それが今日だったんだ?」

「何でそんな大事なこと教えてくんなかったの?」

「だから、グアムに行くことは聞いてたけど、それが何時なのか知らなかったんですよ。だから時間がないっていうことは言いましたよね?」

「そりゃそうだけどさ・・・酷いよ。おいらもマスターから夕べそれ聞いて、今日朝から一日空港で待ってたんだよ。でも、ニノとは会えなかった。」

「そ、そうなんだ・・・」

「そうなんだって、あんまりじゃん。」

相葉くんとカウンターに並んで話をしながら、また悔しくて涙が止まんなくなった。

「大野さん、今でも二宮くんのこと好き?」

「好きに決まってるじゃん!」

「もし、二宮くんに逢えたらこの先どうします?」

「え?だって・・・ニノはグアムだよ?」

「もしも、例えばの話ですよ。」

「そ、そりゃあ色々謝るだろ?それから、プロポーズもして何処にも行かせない!」

「それ、ホントですよね?」

「ほ、本当だよ。こんなこと冗談で言えるわけないだろ。」

「そっか・・・それ聞いて安心しました。じゃ、僕はこれで帰ります。」

「え?何?もう帰るの?」

「マスター、大野さんにもう一杯作ってやって下さいよ。」

「あ、はい・・・」

マスターがクスクスと笑いながら俺の空になったグラスを下げた。

「じゃね・・・大野さん、頑張って下さいよ。」

相葉くんが、俺の肩をポンポンッと叩いて席を立った。何だよ?変なの・・・今来たばっかなのに、あの人ここに何しに来たんだろう?

マスターが優しく微笑みながら俺にウィスキーロックの入ったグラスをそっと差し出した。

「・・・ありがとう。でも、もうこれ飲んだらおいらも帰るよ。」

すると、相葉くんは帰った筈なのに、俺の肩にふわっと誰かの手が・・・

「マスター、カシスオレンジ・・・」

「え?」

その声に驚いて真横に腰掛ける姿を確認すると、それは間違いなくニノだった。

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。