真夜中の虹 21

Pocket

真夜中の虹 21

 

 

俺達は近所のコンビニで買ってきた弁当で夕食を済ませ、それぞれ風呂にも入ってベッドに横になった。幸いセミダブルベッドだから、二人で並んで寝てもそこまで狭さは感じない。だけど、さっき話の流れだといっても、ついあんなことを言ってしまったものだから、当然のことながら眠れない。

「あのさ・・・」

大野さんが肘を立てて俺の方に身体を向けた。

「は、はい?」

「あ、いいや。何でもない。おやすみ・・・」

「いやいや、言い掛けて止めるのは流石に気になって眠れないでしょ。」

「あ、ごめん。」

「何?」

「うん・・・さっきの話なんだけど。」

やっぱりそれか。

「はい。」

「おいらとしては、どうすればいいの?」

「え・・・」

「ニノはおいらにどうして欲しい?」

「ど、どうして欲しいと言われても。」

「そうだよね。わかんないよね。」

「あの、さっきも言いましたけど、俺は同情されてのお付き合いは望んでませんので。」

「うん。可哀想だから付き合おうとは思ってないよ。でも、おいらさ、回りくどいのが苦手なんだよね。」

「それはどういう意味?」

「恋愛ベタなの。」

「あぁー、なんか分かります。」

「えええっ?なんでわかんの?」

「なんとなく見てたらわかります。」

「傷付くなぁ。」

「フフッ、そこがあなたの良い所じゃない?」

「なんかすげぇ考察力だな。」

やべぇ。前の職業の癖がつい出てしまう。探偵には考察力が欠かせなかったから。

「と、とにかくゆっくり時間掛けてあなたも俺のこと受け入れられるかどうかは考えてくれて構いませんよ。」

「だけどニノもおいらのことあまり知らないけど、もしかして直感とかで決めるタイプなの?」

「そう。フィーリングって大事でしょ。」

「うん、それはおいらもなんとなく分かる。」

「お付き合い始めても、マネジャーの仕事はちゃんと果たしますからご心配なく。」

「んふふ・・・仕事は気にしなくていいよ。おいら暫くは引き受けるつもりないから。」

「そ、そうなんだ・・・」

駄目だな。この人マジで仕事する気微塵もないわ。自分を恋愛対象に考えてくれたら俺自身を餌にやる気起こしてくれるかな?って思ったけど、そんな簡単な話ではなさそうだ。

「結局絵の仕事・・・辞めちゃうの?」

「え?そうじゃないけど・・・」

「俺、大野さんの新作見たいな。」

「あ、そうだ。明日おいらの実家行ってみる?」

「え?実家?」

「うん。おいらも暫く帰ってないから。」

実家に行けば大野さんの最近の作品が置いてあるとかかな?

「都内?」

「勿論。」

「了解です。それじゃ小太郎の散歩連れてってから行きましょう。」

「それじゃ明日の予定は決まりだな。おやすみ・・・」

「お、おやすみなさい。」

「あ、そうだ!忘れてた。」

大野さんは何かを思い出して慌てて飛び起きた。

「な、何?」

「おやすみのチューは?」

「は?」

「俺ら付き合うんだよね?」

「そ、そうですけど・・・」

「だったらおやすみのチューは?」

「ふざけてるの?///」

「まだ早いか。」

「は、早過ぎます。」

「そっか。ごめん。おやすみ。」

「お、おやすみなさい。」

ビックリし過ぎて顎外れそうになった。半分目が笑ってたけど、もしかして本気で付き合うって思ってる?それとも俺がからかわれてるの?上等じゃない。駆け引きだったら俺は誰にも負けないから。

 

 

つづく

Follow me!

投稿者: 蒼ミモザ

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。